ロスカット貧乏への心配を回避

FX会社は、お客様の大切なお金を
証拠金として預かっているので、
トレードでの損金が抑えるために
マージンコールをしてくれます。

マージンコールとは、
証拠金の20%~30%位の損失が出てきた時点で
FX会社からの連絡が入るシステムです。

マージンコール状態が続くと
次はロスカットされて
トレードが強制終了されます。

でも、FXトレードはそんなに勝率は高くありませんから
トレードをする度にロスカットされていたら
証拠金が少しずつ減っていきます。

そういう事態をロスカット貧乏
という言い方をされますが、
お金を増やそうと思って始めた
FXではなくなってしまうのです。

連続してロスカットされるなんて
どこかトレード方法に問題があるのです。

そういう時は、
もう一度自分のトレードについて見直すべきで、
デモトレードからもう一度勉強した方が良いかも知れません。